栗山町での農家実習を実施 2018/07/06~8

当研究室は協同組合学研究室とともに、学部2年生(27名、うち4年生1人)と韓国からの学部留学生(1年間、2名)、計29名を対象として、栗山町において農家実習を行いました。実習期間は7月6日(金)から8日(日)まで、2泊3日間でした。

栗山町農家実習は1997年から農家泊り込みのかたちで実施されており、今年で21回目になる歴史の長い実習科目です。しかし、栗山町においても農家の高齢化と世帯交替が進展んでいる中で、学生の泊り込みについての農家の事情を考慮し、今年には農家泊り込み班(18人)と日帰り班(11人)に分けて実習を行いました。

6日(金)は9時に出発し、栗山交通の貸し切りバスを利用して栗山町役場まで移動しました。10時半からは1時間にわたって栗山町農業振興公社の本田徹氏により、栗山町農業と公社の事業内容についてのお話を聞くことができ、参加学生からの質問とそれに対する答えを頂きました。なお、北大農経のOBであり、栗山町で農業経営を行いながら、今年も学生を受け入れていただいた岩﨑英伯氏より、「雑草とは何か」について考える宿題が参加学生に与えられました。

12時30分からは受け入れ式がありました。町産業振興課長の高間嘉之氏から栗山町の紹介を兼ねたご挨拶を頂きました。その後、迎えに来られた農家・農業生産法人のみなさんに同行して、農家泊り込み班は農家に泊まり、日帰り班は公社の農業体験宿泊施設から通う、1日半の農業実習が始まりました。

今回の受け入れは10の農家・農業生産法人であり、農業生産法人が日帰り班となっています。

参加学生は7日(土)の夕方まで各農家・法人で実習を行い、夕方には農家の皆さんおよび栗山町の関係者と一緒に町内の焼肉店で懇親会を行い、農家と学生間の交流を深めました。宿泊はシャトレーゼ ゴルフ&スパリゾートホテル栗山のコテージ4棟を借りました。

8日(日)には、離農の多発で遊休地化していた栗山町桜丘ハサンベツ地区を、自然と農業と人が共生する里山、ふるさとの川として再生する取組みを展開している「ハサンベツ里山プロジェクト」の月例会に参加しました。午前には、男子学生がハサンベツ川の自然河川化のため上流の木伐採作業と運搬作業に汗を流し、女子学生は下流でミズバショウの植え付け作業を行いました。午後からはプロジェクトの代表である高橋慎氏の案内で活動内容を紹介頂きました。

実習開始の前日まで北海道には大雨による被害が全道にわたって多数報じられる中、今年の農家実習は、悪天候による心配がありましたが、実習期間内には多少冷え込みましたが、実習を行うには支障がなく、日曜日には晴れて順調に進められ、事故もなしで無事に終了することができました。

受入農家・法人、栗山町関係者のみなさまに、この場をお借りしてお礼申し上げます。

ありがとうございました。


Kuriyama 1Kuriyama 2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中