大学院共通科目「アジア農業協同組合論」第4回「北海道:北海道の農村社会と協同組合」を実施 2018/6/4

4回目の「アジア農業協同組合論」が6月4日(月)に北大農学部S32教室で行われました。今回は当研究室の元スタッフ、弘前大学の正木卓氏をお招き、「北海道:北海道の農村社会と協同組合」というテーマで講義がされました。また、オブザーバーとしてJAバンク北海道サポート基金から2人が聴講されました。

講義では、まず、府県と北海道の農村社会構造の相違、農村が直面する課題と振興策、農村の有する多面的・公益的機能という問題意識が述べられました。そして、日本の農村社会についての理解を深めるために、①農村政策の変遷、②農村社会構造の特質、③農村社会と協同組合に焦点をあてた説明がありました。特に、既存研究と府県での生々しい農家調査経験を生かし、府県と異なる北海道の農村社会の特質を1)農家と村落との関係、2)土地に対しての労働(経営)の優位性、3)農家の存在の流動性と整理し、その性格を農事組合型村落と規定しました。

後半は、北海道厚生連とコープさっぽろの事例を取り上げつつ、農協による生活インフラ形成の意義についての内容となりました。農協の生活インフラ形成には協同組合間協同が必要であり、その重要性はより増していくと説明しました。最後に、人口と産業基盤が縮小している北海道において、農協を含む協同組合が産業振興と地域社会のインフラ維持を担う唯一の存在であり、これが農村社会からみる協同組合の存在意義であると強調しました。

次回は6月11日(月)に当研究室のスタッフ、申錬鐵氏と高慧琛氏による、「韓国:東アジアの総合農協」と「中国:中国農村合作社」をテーマとした授業を行います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中