「農協への独禁法適用除外の根拠と公正取引委員会の最近の法運用」を開催予定 2018/01/22

協同組合のレーゾンデートル(農林中金寄附講座)では以下のような公開講演会を開催いたします。

○公開講演会「農協への独禁法適用除外の根拠と公正取引委員会の最近の法運用」

・講演者:福島大学名誉教授 高瀬 雅男氏
・日時:2018年1月22日(月)13:0015:00
・場所:北大農学部 W109講義室

【背景】
■農協の存在を揺るがすような政治的な攻勢が強まっています。そのなかで、公正取引委員会による農協の事業に対する行政命令・指導・注意などの連発が目につきます。

■農協事業は中小規模の農家のための事業なので、独禁法の適用除外を受けているにも関わらずです。適用除外には不公正な取引方法を用いた場合には除外を解除するという「ただし書」があり、公取委はそれを盾にしているようです。

【講演の内容】
■農協にはなぜ独禁法の適用除外がなされてきたかを、アメリカのアンチトラスト法に遡って解説します。
■日本の独禁法のなかでの適用除外の意味と公取委の法の運用について検討します。
■最近の公取委による農協への行政命令や勧告、注意などが法の運用上どのような問題があるかを解説します。
△高知県土佐あき農協に対する共販組織をめぐる排除措置命令
△北海道の阿寒農協に対するMMJへの生乳出荷をめぐる「注意」
■農協への全量出荷(専用契約)を適用除外すべきことを論じます。

【高瀬先生のプロフィール】
1945年栃木県生まれ。東京都立大学法学部卒業、同社会科学研究科博士課程中退。
鹿児島大学、高知大学を経て福島大学助教授・教授。2011年に定年退職。専攻は経済法。
著書に「協同組合と独占禁止法の新展開」日本経済法学会編『経済法講座1巻』2002、
高瀬雅男『反トラスト法と協同組合』日本経済評論社、2017(今回の参考文献)など。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中